試作・研究開発支援

    

プラスチック加工を主体として設立以来30余年、さまざまなお得意様から「困ってるんだよ~・・・何とかならない??」というご相談を一緒に解決してきました。
その度に実感するモノづくりの奥深さを、今までも・これからも「縁の下の力持ち」として追求し、貢献していきたいと考えています。

こんな課題を解決します

どのような形状にすれば良いのか、素材は何を使えば良いのか、といった疑問にプラスチック加工の専門業者として的確なアドバイスを行い、量産を見据えた試作・研究開発品の製作支援を行います。
既存設備に取り付けるための部品や実験物を固定する治具など、研究開発現場における様々なご要望にお応えしています。

試作・研究開発支援

岸本工業が選ばれる理由

研究開発現場のお困りごとを解決

日々お寄せいただくお困りごとを聞く中で「開発に携わる=設計ができるわけではない」「それでもプロジェクトを進めなければならない」そんなケースを多く見てきました。こうした現場で解決しなければならない問題は千差万別。
当社は開発担当者が本来の業務以外に考える手間・作業する手間を低減し、業務効率を向上して成果を上げていただくことを最大のミッションとして、これまでに商品開発や生産技術現場に関わった”現場力”を活かし、アシスト役となってモノづくりに関する問題解決に導きます。

開発現場の困りごとを解決

図面がなくても対応OK

図面がなくても大丈夫

お問い合わせ時に「図面がないけれど…」というお声を多くいただきます。図面がなくても大丈夫。スケッチや頭の中で思い描いたイメージを実際にCADで必要な寸法を入れて書いてみると、できること・できないことの違いが見えてきます。「これじゃできないから、じゃあこうしようか」というように、少しずつ前に進めるためにCADで書いてお見せし、カタチにしていくためのステップをお手伝いします。

支援事例