高精度プレート販売

    

2021.4

従来の「フルフラット加工」を用途別に2つのグレードで展開!
高精度プレート「FULL FLAT Lite」を販売開始しました。

プラスチック切削加工のこんなお悩みを解決します

  • 板厚がそろっている板が欲しい
  • 表面粗さ▽▽▽以上のプラスチック板が欲しい
  • 平面度、平行度が出ている板が欲しい
  • メーカー規格にない薄い板が欲しい
  • 材料を支給するから指定の板厚を仕上げてほしい
  • 透明度を出した板厚加工をしてほしい

用途に合わせた2つのグレード

― フルフラット™ ―

板厚精度・表面粗さを追求したスタンダードグレード。
指定寸法での2面・6面フライスでお届けします。

  • 板厚公差の指定
  • 支給材への加工
  • アクリルの高透明度仕上げ
  • 1.0tまでの薄板仕上げ
  • 数ミリ角の6面フライス    など

わがままなご要望にお応えします。

素材はプラスチックであれば市販品~コンポジット材・開発中の素材まで幅広く対応します。

※記入の仕方はこちらをご覧ください。

新発売

― フルフラット™ ライト ―

「表面粗さは問わないから板厚精度が欲しい!」
そんな声にお応えして開発した、板厚精度だけを追求したベーシックグレード。
使用量に応じて選べる3種類のサイズをラインナップしました。

  • 板厚精度を必要とする一般機械加工向け
  • 汎用性の高い板厚規格のほか、メーカー規格にない板厚もご用意
  • FULL FLATと比較し20~30%のコストダウン

素材は高精度加工を求める6素材から選べます。

※仕様変更のお知らせはこちら

グレード別 仕様一覧表

お悩み別 グレード比較表

お悩み事例 FULL FLAT FULL FLAT Lite
板厚が揃っている板が欲しい
平面度・平行度が出ている板が欲しい
表面粗さを向上させた板が欲しい
メーカー規格にない薄い板が欲しい
材料在庫を持たず、必要な量だけ購入したい
MC加工の精度のバラつきをなくしたい
組立時の累積誤差を抑えたい
材料を支給するから指定の板厚に仕上げてほしい
透明度の高い板厚加工をしてほしい
1次加工のコストを下げたい
1次加工工程を省いてMCの生産性を上げたい

導入事例・お客様の声

後工程の組立性が向上

 フルフラット加工の材料を使うことで、冶具の精度が増し、後工程の組立性が向上、冶具製作が短時間でできるようになった。
(半導体部品メーカー/生産管理ご担当者様/6面フライスでご提供)

少量でも6面フライス加工

少量でも6面フライス加工

 少量のプラスチックの入手に苦労していましたが、6面フライスで希望納期に納品してもらえるのでとても助かっています。
(金属・プラスチック加工メーカー/製造ご担当者様/6面フライスでご提供)

広いワークサイズとコストダウン

社内での加工は±0.05・100□程度まででしたが、フルフラット加工なら板厚精度が±0.02、加工寸法も300以上あるため、コストダウンにつながりました。
(プラスチック加工メーカー/営業ご担当者様/2面・6面フライスでご提供)

2面フライスのアクリルでも高い透明度

 電子部品の検査冶具用に2面フライスで購入し、ユーザーで2次加工しています。今まで透明度のある精密部品は断っていた為、フルフラット加工によるアクリル2面フライスは好評です。
(プラスチック材料商社/営業ご担当者様/2面フライスでご提供)