1. /
  2. 岸本工業のブログ
  3. /
  4. 部品や固定治具の製作事例をご紹介!樹脂の高精度加工は岸本工業にご相談ください

部品や固定治具の製作事例をご紹介!樹脂の高精度加工は岸本工業にご相談ください

部品や固定治具の製作は岸本工業にお任せ!

部品や固定治具の製作をお考えの方は、ぜひ岸本工業へご相談ください。

当社はこれまでに、樹脂を主体とした部品や治具の製作に取り組んで参りました。

部品 固定治具 アクリル

また、大田区を中心に技術力の高い加工会社と連携しているため、金属やガラスなど樹脂以外の材料調達も可能です。

製作においては一貫対応も行っておりますので、設計から組立まで全てお任せください。

この記事では、部品や固定治具の製作事例や樹脂を使用するメリットをご紹介します。

固定治具もしくは部品の製作をご検討中の方は、ぜひ当社の事例をご参考ください。

 

プラスチック部品や固定治具の加工・製作事例をご紹介

プラスチック部品や固定治具の加工・製作事例をそれぞれご紹介します。

プラスチックは種類によって特性が異なるため、部品や固定治具を作る際は素材選びが重要になります。

当社スタッフはそれぞれの素材の性質を熟知しておりますので、固定治具などをご依頼の際に素材が決まっていなくてもご安心ください。

お客様のご要望や作業環境をお聞きした上で、作業性に適したものをこちらでご提案致します。

また、開発中で材質を明かせない場合でも、材料を持ち込んでいただければご対応致します。

当社では固定治具や部品だけでなく、そういった事例もサイト内でご紹介しておりますので、あわせて御覧ください。

岸本工業の加工事例はこちら

プラスチック部品の加工事例

当社では産業系だけでなく、試作開発や医療・理化学など様々な分野で使用される部品を製作しております。

また、これまでの豊富な経験や実績により、リバースエンジニアリングも可能です。

部品 固定治具 リバースエンジニアリング

上の画像はリバースエンジニアリングの事例です。

こちらは部品の図面がなかったため、現物から図面を起こしてお客様のご希望の形状に設計・加工しました。

現物からの図面起こしの事例について詳しくはこちら

部品 固定治具 SUS配管部品

上の画像のSUS配管部品の加工も、現物をお借りして当社で設計しております。

流体可視化実験用ですので、部品の素材は中身が見えるように透明度の高いアクリルを使用しています。

流体可視化実験用部品(SUS配管部品)の事例について詳しくはこちら

固定治具の製作事例

当社は固定治具をはじめ、実験・組立・検査などで使用できる治具の製作が可能です。

市販品にない寸法や形状の固定治具をお求めの方も、ぜひご相談ください。

例えばワークが規格外の形をしており、市販の固定治具では固定するのが難しいという悩みも解決に導きます。

また、固定治具は設計からのご依頼も可能ですので、図面がなくても「こういった固定治具がほしい」など、用途や目的をお伝えしていただければ当社で図面化致します。

部品 固定治具 実験用

開発部門ではご希望の形状のスケッチをもとに、実験時にワークを固定するための固定治具の部品を製作しました。

当社では固定治具のイメージスケッチから、どういった設計・機構が最適かご提案することも可能です。

実験用の治具部品の事例について詳しくはこちら

 

アッセンブリー(部品調達)も可能!

アッセンブリー(部品調達)のご依頼では、樹脂以外の材料を調達することができます。

樹脂の加工部品だけでなくその他必要な部品や材料がございましたら、それらの調達もまとめて行いますのでお気軽にお申し付けください。

部品 固定治具 アルミ POM

特に固定治具や各種ユニットを製作する際は、用途や目的によっては樹脂だけでなく他の素材が必要になるケースがあります。

しかし、素材の種類や加工方法に合わせてそれぞれ違うメーカーに製作を依頼するのは大変です。

また、無事に部品が納品されても、固定治具を組み立てる時に嵌合がうまくいかないという問題が発生することもあります。

当社では設計から組立まで一貫対応可能ですので、固定治具をすぐに使用できる状態で納品致します。

一緒に揃えてほしいもの、足りないものなどございましたら、部品や固定治具製作・加工のご依頼時にあわせてご相談ください。

調達品目
金属機械加工部品、機械要素部品、加工部品(スポンジ・ゴム・セラミック・ガラス)、板金・溶接加工、塗装、メッキ、シルク・インクジェット印刷、プリント基板設計、配線
※その他の品目においても購買業務をサポート致します。

 

樹脂主体の部品や治具のおすすめポイント

樹脂主体の部品や治具のおすすめポイントは、成形品に傷をつけにくく、性能向上に期待できるところです。

例えば硬い金属で出来た固定治具を使用する場合、柔らかい素材のワークを固定するとワークに傷をつけてしまう恐れがあります。

こういった傷防止のために、柔らかい樹脂で固定治具を製作するケースがあります。

部品 固定治具 検査ユニット

また樹脂には耐久性、耐熱性、絶縁性など種類によって様々な性質を持ちます。

その性質を活かすことで、固定治具や各部品の性能の向上にも期待できます。

実際に航空宇宙分野では、樹脂の軽さと高い性能が注目されており、一部の素材が金属から樹脂に代替されています。

先程ご紹介したSUS配管部品の加工事例においても、流動性が確認できるように素材を透明度の高いアクリルに変更しました。

ただ、全ての素材を樹脂に変えたほうが良いというわけではありません。

用途や目的、作業環境などを考慮した結果、別の素材の方が適していたり、樹脂の他に複数の素材を組み合わせた方が良いというケースもあります。

当社は樹脂以外の部品調達も可能ですので、お客様のご要望や作業環境に適した固定治具や部品をご提案します。

 

設計図がなくてもお気軽にお問い合わせください

設計図がない、図面を用意する時間がない、とお困りの方は、ぜひ岸本工業にご相談ください。

部品 固定治具 加工

まずはヒアリングにて、どのような用途や目的で固定治具もしくは部品を製作したいのかお伺いします。

ご希望の固定治具や部品の簡単なスケッチ、もしくは現物をお持ちいただいても構いません。

当社はヒアリングの内容をもとにある程度の形をつくり、製作前にCAD図でお客様にご確認頂きます。

設計図の他にも、材料や加工方法について質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

【お問い合わせ先】
電話番号:03-5703-8171
FAX:03-5703-8173
お問い合わせフォーム