1. /
  2. 岸本工業のブログ
  3. /
  4. アクリル板への文字入れ加工方法をご紹介!ウェルカムボードや看板などにおすすめです

アクリル板への文字入れ加工方法をご紹介!ウェルカムボードや看板などにおすすめです

アクリル板の文字入れ・プリント承ります

アクリル板の文字入れ・プリントは様々な方法で行うことができます。

岸本工業では、アクリル板の素材調達、加工から文字入れ・プリントのご依頼が可能です。

アクリル板 文字入れ 看板

他社ではお取り扱いのないサイズのアクリル板(2面/6面フライス)もご用意できますので、お気軽にご相談ください。

また、アクリル板への文字入れは複数の方法がありますが、協力会社との連携によりご希望の文字入れ方法があればご対応いたします。

ではアクリル板に対してどういった文字入れができるのか、岸本工業の製作事例もあわせてご紹介します。

 

アクリル板の文字入れの加工方法・種類・用途

アクリル板の文字入れの加工は主に以下の種類があります。

  • プリント・・・アクリル板に直接印刷する
  • 切文字・・・アクリル板に切文字を貼る・取り付ける
  • エッチング・・・レーザー加工などで彫刻する

それぞれ方法によって文字の入り方や仕上がりが異なります。

加工会社によっては、これらすべての文字入れ方法に対応していないところもあるので注意が必要です。

アクリル板 文字入れ 板材

岸本工業では、アクリル板の加工とあわせてこれらの文字入れのご相談も可能ですので、まずはお気軽にお問合せください。

では加工方法によってどのような違いがあるのか、ここからは種類ごとにその特徴を詳しく見ていきましょう。

 

文字をプリントする

アクリル板へのプリントは、自由度が高い文字入れ方法です。

印刷方法も複数の種類があるのですが、フルカラーに対応している印刷方法もあります。

そのため、ご希望の色で写真など細かい描写を必要とする印刷も可能です。

【アクリル板への印刷の種類とメリット・デメリット】

  • UV印刷・・・精密な印刷を得意とし、水に強いため屋外で使用しても劣化しにくい。ただし生産性が高くないため、量産向きではない。
  • シルクスクリーン印刷・・・使用する色の自由度が高く、量産しやすい。ただし精密な描写には向かず、乾燥に時間がかかる。
  • 転写式印刷・・・転写紙を貼るだけなので簡単。ただし劣化しやすく屋外向きではない。

印刷方法によっても仕上がりは異なりますので、

「印刷したアクリル板をどこで使用するのか」

「どこまで自由度や精工さを求めるのか」

という点に注目して選ぶと良いでしょう。

メリットとして写真の印刷ができる他、手軽な印刷方法もあるため、以下のような用途で使用するアクリル板に印刷されます。

【印刷したアクリル板の用途】

  • 結婚式のウェルカムボード
  • アクリルスタンドなどのグッズ
  • 室名札
  • 案内板
  • 屋内に設置する看板

 

切文字を貼る・加工する

切文字は、材料を字の形にカットしたものを指します。

1字ずつ、切り取った字を組み合わせてアクリル板に貼り付けます。

アクリル板 文字入れ 切文字

当社でも事業所で使用される看板を製作した事例があります。

切文字看板の製作事例はこちら

厚みのある材料をカットして貼り付けたり、切文字をアクリル板から離して取り付けることで、より立体的な表現が可能になります。

また、アクリル板に切文字を貼り付ける他にも、アクリル板そのものを字の形にカットして切文字プレートを製作することも可能です。

この場合1字ずつ切り離すのではなく、文字の下部はアンダーラインを引いたように繋がった状態の仕上がりになります。

切文字の素材はアクリルの他にも、アルミ、ステンレス、真鍮、木材などがあり、耐久性のある素材であれば屋外でも使用できます。

【切文字を貼り付け・加工したアクリル板の用途】

  • 看板
  • 表札
  • 雑貨・インテリア

 

文字をエッチングする

プラスチックへのエッチングは、特殊な液を使用する金属とは違い、レーザーなどによって文字入れをします。

レーザーで溶かして文字入れしていくので、文字入れした部分は若干凹んだ仕上がりになります。

凹んでいる部分には、字が読みやすいように着色できます。

例えば、学校や職場で使用されるプラスチック製の名札プレートの多くは、エッチングで文字入れをして着色しています。

レーザー加工は精密な描写が可能なので、胸ポケットなどに着用できる小さい名札にも文字入れが可能なのです。

着色部分は凹んでいるため、印刷よりも色が剥がれにくく耐久性に優れています。

また、着色はせずLEDライトをアクリル板に当てることで字を強調する方法もあります。

こういった利点があることから、エッチングで文字入れをしたアクリル板は幅広い用途で使用されます。

【エッチングで文字入れしたアクリル板の用途】

  • 看板
  • 表札
  • 許可票
  • ウェルカムボード
  • 記念品
  • 雑貨・インテリア
  • 名札・ネームプレート
  • 案内板
  • 室名札
  • 番号札

 

アクリル板の文字入れのDIYは難しい?

アクリル板にDIYで文字入れすることは可能ですが、できる方法は限られており、専用の道具を揃える必要があります。

加工会社に依頼するとコストがかかると思われるかもしれませんが、道具を一から揃えて時間をかけて作るよりも、依頼した方がコストがかからないケースもあります。

また、慣れていないと文字入れに失敗する可能性が高く、そうなるとやり直しのための時間と材料費がかさんでしまいます。

そのため、記念品や看板など何度も失敗できないものや、視認性が求められるものに対しての文字入れは加工会社に依頼することをおすすめします。

 

岸本工業ではアクリル板の調達から文字入れのご依頼が可能

岸本工業では、アクリル板の調達、加工、文字入れのご依頼を一括でお受けすることができます。

アクリル板 文字入れ 切文字看板

例えば切文字をアクリル板に立体的に取り付ける場合、土台となるアクリル板、取り付け用の穴加工と部品、切文字用の材料の調達と加工などが必要になります。

必要な部品を調達したり、加工ごとに異なる会社に依頼するのは大変です。

岸本工業は部品の調達から加工、組立まで一貫対応しておりますので、そういった手間も省くことができます。

お見積り依頼やご相談、資料のご請求などは下記お問合せ先からご連絡ください。

【お問合せ先】
電話 03-5703-8171
FAX 03-5703-8173
お問合せフォーム
資料請求はこちら